▽先物取引被害(国内公設先物,海外先物。海外オプションを含む) 一覧へ
担当弁護士 石井宏治・山田直樹
業者名 明洸フューチャーズ
手続 判決 ①判決・裁判官 神戸地裁姫路支部H18.5.22判決 田中澄夫,黒田豊,小嶋宏幸
②出典 例集44-187
その他 和解
示談交渉その他
結論 ①元本欠損額 687万7500円
②認容額(解決額) 454万5000円
③過失相殺 4割
④その他
取引内容 ①取引期間
H13.9.13~H14.1.17
②市場・商品名
東穀コーン
①特定売買率
70.0%
②手数料化率
16.72%
③売買回転率
委託者の属性 ①性別・年齢(生年)
・最終学歴・職業
男性・昭和27年生・大卒・建設業勤務(業務課長)
②取引経験 先物経験なし,株式は持株会株式のみ
③収入・資産・
投資資金の性質
違法性・違法要素 裁判所の認定した
違法性(違法要素)
説明義務違反
断定的判断の提供
適合性原則違反
新規委託者保護義務違反
一任売買,無断売買,実質一任
両建の勧誘
過当取引
その他
主張されたが裁判所が違法(要素)性を認めなかったもの 説明義務違反
特定売買
利乗せ満玉
取組高均衡仕法
その他
過失相殺の理由 ・投機的取引の経験がなかったとはいえ,相応の判断力や理解力を有していた。
・原告は担当者から提示された相場変動要因を好材料と判断したと想定される。
・担当者の報告に加えて自分も日経新聞を読んで相場動向を確認していた。
・原告自身証拠金の入金をしなければ取引を止めることができたと認識していた。
・損害の大部分は10月16日の売玉の損であるところ,この相場の損失の拡大には原告の過失も寄与したものというべきであること
・被告らの違法性の態様・違法性の程度などを総合考慮


 

【姫路先物取引被害研究会事務局・連絡先】
〒670-0947 兵庫県姫路市北条1丁目285-10
       山田立花法律事務所

事務局長 弁護士 立 花 隆 介
電話 079-225-5522 FAX 079-225-5533