名古屋先物・証券問題研究会編 民事法研究会発行 
<110番シリーズ17>
Q&A  先物被害110番-客殺しに遭わないために- 

四六判・268頁
定価 本体1,700円(税別)
平成15年10月22日発行
に詳しい解説があります。
ここでは、そのエッセンスを紹介します。
第1章 先物取引をめぐる被害
Q1 商品先物取引をめぐる被害は昔からあるのか
Q2 商品先物取引被害にはどのような特色があるか
Q3 先物取引を始めるときにはどのような点に注意すればよいか
Q4 「他の業者と違ってうちは安全です」という先物業者を信用してもよいか
Q5 新聞等の広告で「先物取引で年間収益率30パーセント」と書いてあるのは本当か
Q6  先物業者にはどのような規制がされているか
第2章 勧誘時における先物被害
Q7  勧誘の際、「必ず儲かります」と言われたが本当か
Q8  断ったのに勧誘の電話がかかってくるがやめさせるにはどうすればよいか
Q9  勤務先に勧誘の電話がかかってくるがどうすればよいか
Q10 先物業者から「とにかく一度会いたい」と言われたが会っても大丈夫か
Q11 先物業者からいきなり資料が送られてきたがどうすればよいか
Q12 しつこく勧誘されたので「取引する」と返事をしたが今からでもやめられるか
Q13 執拗な勧誘を受けてうまく断れないがどうすればよいか
Q14 先物業者から「10枚からしか取引できない」と言われたが本当か
Q15 個人名義と会社名義の両方で取引を勧められたが応じてよいか
Q16 「値動きが予想できるから安全です」と言われたが本当か
Q17 「商品を組み合わせてリスクを分散しているから安全」というのは本当か
Q18 「コンピュータで値動きを予想して利益を確保する」と言われたが本当か
Q19 追証があるから預けた金額の半分以上の損は出ないというのは本当か
第3章 契約時における先物被害
Q20 ガイダンス映像の内容をほとんど見ていないがこのまま取引を始めて大丈夫か
Q21 契約が終わってお金を渡したところ預り証を渡されたが領収書とは違うのか
Q22 契約をした後にやめるにはどうすればよいか
Q23 取引のしくみがよくわかっていないが取引を始めても大丈夫か
Q24 いろいろ書類を渡され指示されるままに著名したがこのまま取引を始めても大丈夫か
Q25 外務員から書類を渡されただけで説明を受けていないが取引を始めても大丈夫か
Q26 外務員に言われるままにアンケートの「理解できた」に○をつけたが大丈夫か
第4章 取引をめぐる先物被害
Q27 取引初心者なのに取引枚数がどんどん増えているが大丈夫か
Q28 売買報告書の読み方がわからないがどうすればよいか
Q29 残高照合通知書と一緒に送られてきたハガキは返送しなければならないか
Q30 入金していないのに預り証の金額が増えたがどういうことか
Q31 追証は必ず支払わなければならないか
Q32 委託証拠金の返還に応じてくれないがどうすればよいか
Q33 「取引をやめたい」と告げたが引き止められた後、売買が頻繁になったが大丈夫か
Q34 取引を担当外務員に任せ切りにしても大丈夫か
Q35 担当外務員が頻繁に交代することは許されるか
Q36 次々と新しい商品を勧められるが応じても大丈夫か
Q37 「両建にしておけば安心です」と言われたが本当か
Q38 利益が出たところその分で取引を拡大するように勧められたが応じてよいか
Q39 板寄せ、バイカイ付出し、ザラバ、向い玉の意味を教えてください
第5章 仕切をめぐる先物被害
Q40 取引をやめたいのに担当外務員が応じてくれないがどうすればよいか
Q41 「ストップ安で売り注文が通らない」と仕切ってくれないがどうすればよいか
Q42 担当外務員が不在で建玉の決済ができないと言われたがどうすればよいか
Q43 損金を支払うまで取引をやめることはできないのか
Q44 「取引をやめたい」と告げたところ新しい取引を勧められたが応じたほうがよいか
第6章 取引結了をめぐる先物被害
Q45 先物業者の相談室に苦情を申し出たら「一度会いたい」と言われたが応じてよいか
Q46 金取引を仕切ったところ損が出ていると言われたが証拠金は戻ってくるか
Q47 取引を精算する際に書類に著名を求められたがこの書類はどのようなものか
Q48 清算金を返還してもらうには書類を書かなければいけないのか
Q49 取引終了後の不足金は必ず支払わなければならないのか
Q50 先物業者に「弁護士に依頼しても得にならない」と言われたが本当か
第7章 その他の先物被害
Q51 海外商品先物取引とはどのようなものか
Q52 海外商品先物オプション取引がローリスク・ハイリターンな取引というのは本当か
Q53 外国為替証拠金取引とはどのようなものか
第8章 被害に遭ってしまったら
Q54 先物取引被害を受けたらどこへ相談すればよいか
Q55 裁判をするにはどのくらいの費用と労力がかかるか
Q56 裁判以外の解決方法はないのか
Q57 弁護士に依頼するとどのくらいの費用かかかるか
 

【姫路先物取引被害研究会事務局・連絡先】
〒670-0947 兵庫県姫路市北条1丁目285-10
       山田立花法律事務所

事務局長 弁護士 立 花 隆 介
電話 079-225-5522 FAX 079-225-5533